• 本予告
  • 特報
67カ国で初登場TOP10入りのスマッシュヒット!世界が待望し、熱狂したニコケイ史上最高のエンターテイメント 67カ国で初登場TOP10入りのスマッシュヒット!世界が待望し、熱狂したニコケイ史上最高のエンターテイメント
君はまだ、本当のニコラス・ケイジを知らない。
映画『マッシブ・タレント』
2023.3.24
Trailers

        出演:ニコラス・ケイジ、ペドロ・パスカル、シャロン・ホーガン、アイク・バリンホルツ、アレッサンドラ・マストロナルディ、ジェイコブ・スキーピオ、ニール・パトリック・ハリス、ティファニー・ハディッシュ
        2022年|カラー|シネマスコープ|英語・スペイン語|107分|日本語字幕:平井かおり|字幕引用:戸田奈津子、菊地浩司、太田直子
        提供:フラッグ、クロックワークス、Filmarks|配給:フラッグ|宣伝:クロックワークス|宣伝協力:Filmarks|PG12
        
        出演:ニコラス・ケイジ、ペドロ・パスカル、シャロン・ホーガン、アイク・バリンホルツ、アレッサンドラ・マストロナルディ、ジェイコブ・スキーピオ、ニール・パトリック・ハリス、ティファニー・ハディッシュ
        2022年|カラー|シネマスコープ|英語・スペイン語|107分|日本語字幕:平井かおり|字幕引用:戸田奈津子、菊地浩司、太田直子
        提供:フラッグ、クロックワークス、Filmarks|配給:フラッグ|宣伝:クロックワークス|宣伝協力:Filmarks|PG12
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

Story

ハリウッドスター、ニック・ケイジは悩んでいた。多額の借金を抱え、心から望んでいた役は得られず、妻とは別れ、娘からは愛想をつかされていた。

「かつて栄華を極めた俺の人生はもう取り戻せないのか――」

悲観する彼の下に、スペインの大富豪の誕生日パーティーに参加するだけで100万ドルが得られる高額のオファーが舞い込む。借金返済のため渋々受け入れ、スペインへ飛んだニックを、彼の熱狂的なファンだという大富豪ハビが待ち受けていた。最初は乗り気ではなかったニックだが、映画の趣味が合うハビと意気投合し、友情を深めていく。ところがある日、CIAのエージェントがニックに接近する。ハビの正体は国際的な犯罪組織の首領で、彼の動向をスパイしてほしいというのだ。ハビとの友情をとるか、それとも国家のために働くのか。ニック・ケイジの俳優人生を懸けた一世一代の大仕事(ミッション)の幕が上がる。

Introduction

本作の主演を務めるのは言わずと知れたハリウッドのトップスター、ニコラス・ケイジ。『リービング・ラスベガス』でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、演技派俳優としての地位を確立すると同時に、『ザ・ロック』、『フェイス/オフ』などのアクション大作にも次々と出演。彼のキャリアは栄華を極めるが、その後出演作の興行的失敗が続いたことでハリウッドからのオファーも途絶え、多額の負債を抱えてしまう。

だが、ニコラス・ケイジは決して諦めなかった。

何十本もの低予算映画へ出演し、借金を完済した彼の下に本作のオファーが舞い込む。演じたのは彼の分身と言えるどん底の俳優ニック・ケイジ!そして公開を迎えた本作に対し、批評家や観客からの大絶賛の声は鳴り止まず、さらには全世界67カ国で初登場TOP10入りのスマッシュヒットを記録、華々しいカムバックを果たした!

共演は「ゲーム・オブ・スローンズ」、「マンダロリアン」、「THE LAST OF US」ほか話題作へ引く手あまたのペドロ・パスカル。本作ではニック・ケイジに心酔するスペインの大富豪に扮し、ニコラス・ケイジとの見事なケミストリーを結実させている。

そして2023年春、世界中のスクリーンを笑いと興奮、そして感動で埋め尽くした本作がついに日本へ上陸!新たなニコラス・ケイジの代表作を目撃せよ!

画像

Cast

ニコラス・ケイジ
ニコラス・ケイジ ニック・ケイジ、ニッキー

1964年1月7日、アメリカ・カリフォルニア州ロングビーチ出身。父オーガストはカリフォルニア州立大学の比較文学の教授、母ジョイは元バレエダンサー兼振付師、フランシス・フォード・コッポラを叔父に、タリア・シャイアを叔母に持つ名門の生まれ。15歳から演技を始め、1981年、テレビ映画『The Best of Times(原題)』でプロの俳優としてデビュー。その後、『初体験/リッチモンド・ハイ』(82)、『アップタウン・ガール』(83)、『ランブルフィッシュ』(83)、『バーディ』(84)などを経て、カンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた『ワイルド・アット・ハート』(90)へ出演、さらに『月の輝く夜に』(87)と『ハネムーン・イン・ベガス』(92)でゴールデングローブ賞へのノミネートを果たし、若手演技派として順調にキャリアを重ねる。

1995年、『リービング・ラスベガス』で米アカデミー賞主演男優賞を受賞。その後、『ザ・ロック』(96)、『コン・エアー』(97)、『フェイス/オフ』(97)などのアクション大作で次々と主演を務め、ハリウッドを代表するスターとなる。スクリーンでの活躍に加え、1996年にインディペンデント映画の製作を目的に「サターン・フィルムズ」を設立、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』(00)や『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』(03)などの製作を手掛けた。また、2002年には『SONNY ソニー』で監督デビューを果たす。

その他の主な出演作は『コットンクラブ』(84)、『ペギー・スーの結婚』(87)、『バンパイア・キッス』(88)、『あなたに降る夢』(94)、『不機嫌な赤いバラ』(94)、『シティ・オブ・エンジェル』(98)、『救命士』(99)、『天使のくれた時間』(00)、『60セカンズ』(00)、『アダプテーション』(02)、『ナショナル・トレジャー』(04)、『ゴーストライダー』(07)、『バッド・ルーテナント』(09)、『キック・アス』(10)、『スノーデン』(16)、『オレの獲物はビンラディン』(16)、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(17)、『PIG/ピッグ』(20)、『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』(21)など出演作は100本を超える。今後も初の西部劇に挑戦した『Butcher's Crossing(原題)』(22)、ドラキュラ伯爵を演じる『Renfield』(23)、アリ・アスター製作によるA24作品『Dream Scenario(原題)』など話題作への出演が尽きない。

ペドロ・パスカル
ペドロ・パスカル ハビ・グティエレス

1975年4月2日、チリ・サンティアゴ出身。両親はサルバドール・アジェンデ前大統領の支持者だったが、アジェンデはアウグスト・ピノチェトによる軍事クーデターにより失脚。その後、ピノチェト独裁政権へのレジスタンス組織で活動するが、パスカルが生まれて間もなくデンマークへ政治亡命を果たす。その後、一家はアメリカ合衆国へ移住する。パスカルは幼少期に水泳に打ち込み、テキサス州の州選手権に出場するほどであったが、やがて演劇にのめり込む。オレンジカウンティ・スクール・オブ・ザ・アーツを経て、1997年にニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ザ・アーツを卒業。TVシリーズ「バフィー~恋する十字架~」(99)、「LAW & ORDER ロー&オーダー」(06-09)、「グッド・ワイフ」(09-10)などの端役を経て、2014年に「ゲーム・オブ・スローンズ」 シーズン4のオベリン・マーテル役や、「ナルコス」(15-17)のハビエル・ペーニャ役でブレイクを果たす。

その他の主な出演作は『グレートウォール』(16)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(17)、『イコライザー2』(18)、『ビール・ストリートの恋人たち』(18)、「マンダロリアン」(19-)、『ワンダーウーマン 1984』(20)など。今後の待機作として、人気ゲームをHBOがTVシリーズ化した「ラスト・オブ・アス」が控える。

シャロン・ホーガン
シャロン・ホーガン オリヴィア

1970年7月13日、イギリス・ロンドン出身。俳優のほか、脚本家、監督、コメディアン、プロデューサーとしても活躍する。主演と脚本を務めたシットコム「PULLING(原題)」(06-09)が2008年度英国コメディ賞の最優秀テレビ女優賞を受賞し、さらに「CATASTROPHE(原題)」(15-19)が2016年度英国アカデミー賞テレビ部門の最優秀コメディ脚本賞に輝く。また、「DIVORCE/ディボース」(16-19)を製作した。その他の主な出演作は『四角い恋愛関係』(05)、『マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』(15)、『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』(19)、「バッド・シスターズ」(22)など。

アイク・バリンホルツ
アイク・バリンホルツ マーティン

1977年2月18日、アメリカ・イリノイ州出身。1999年からオランダのアムステルダムに拠点を置くコメディ劇団、ブーム・シカゴにジョーダン・ピールらと同時期に在籍し、キャリアをスタートさせる。2001年、ナオミ・ワッツ主演『ダウン』の端役でスクリーンデビューを飾る。2002年からジョーダン・ピールらとコメディ番組「マッドTV!」(02-07)へレギュラー出演し、コメディアンとして広く認知される。その他の主な出演作は『ネイバーズ』(14)、『スーサイド・スクワッド』(16)、『セントラル・インテリジェンス』(16)、『ザ・シークレットマン』(17)、『ブライト』(17)、『ザ・ハント』(20)など。

アレッサンドラ・マストロナルディ
アレッサンドラ・マストロナルディ ガブリエラ

1986年2月18日、イタリア・ナポリ出身。1997年、TVシリーズ「UN PRETE TRA NOI(原題)」で脚光を浴びる。2012年、ウディ・アレン監督『ローマでアモーレ』へ出演し、キネオ賞の助演女優賞を受賞する。その他の主な出演作は『ディーン、君がいた瞬間』(15)、「マスター・オブ・ゼロ」(17)、『サンド・バギー ドカンと行こう!』(22)など。

ジェイコブ・スキーピオ
ジェイコブ・スキーピオ カルロス

1993年1月10日、イギリス・ロンドン出身。生後9ヶ月でTVドラマへ出演、9歳で出演したTVシリーズ「WHITE TEETH」(02)では双子の兄弟を一人二役で演じたほか、学生の頃にロジャース&ハマースタインによるミュージカル「王様と私」ではチュラーンロンコーン王子を演じた。映画、TV、舞台で数々の主役を務める注目の若手俳優。その他の主な出演作は『ハンターキラー 潜航せよ』(18)、『ネバー・ダイ 決意の弾丸』(19)、『アウトポスト』(19)、『バッドボーイズ フォー・ライフ』(20)、『ウィズアウト・リモース』(21)など。最新作として『エクスペンダブルズ4』(23)が控える。

ニール・パトリック・ハリス
ニール・パトリック・ハリス リチャード・フィンク

1973年6月15日、アメリカ・ニューメキシコ州出身。子役としてキャリアをスタートさせ、1988年にウーピー・ゴールドバーグ主演『マイフレンド,クララ』でゴールデングローブ賞助演男優賞へノミネート。翌1989年、TVシリーズ「天才少年ドギー・ハウザー」(-93)で大ブレイクを果たし、ピープルズ・チョイス・アワードやゴールデングローブ賞へノミネートされる。その後舞台俳優としても活躍し、2014年には「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」でトニー賞ミュージカル主演男優賞に輝いた。また、第87回アカデミー賞授賞式のほか、トニー賞のホストを4度務めている。その他の主な出演作は『スターシップ・トゥルーパーズ』(97)、『ゴーン・ガール』(14)、『ダウンサイズ』(17)、『マトリックス レザレクションズ』(21)など。TVアニメ「SPIDER-MAN スパイダーマン」(03)では主人公ピーター・パーカーの声を務めた。

ティファニー・ハディッシュ
ティファニー・ハディッシュ ヴィヴィアン

1979年12月3日、アメリカ・カリフォルニア州出身。高校卒業後、コメディアンとしての活動を開始する。2006年、スタンダップコメディの勝ち抜き番組「Who's Got Jokes??」への出場を機に注目を集める。女優としていくつかのTVシリーズでゲスト出演した後、シットコム「THE CARMICHAEL SHOW(原題)」(15-17)で大ブレイクを果たす。また、2017年の映画『ガールズ・トリップ』でNY批評家協会賞の助演女優賞やMTVムービー・アワードのコメディ演技賞を受賞し、スターダムを駆け上がった。その他の主な出演作は『キアヌ』(16)、『アンクル・ドリュー』(18)、『レゴ®ムービー2』(19)、『ペット2』(19)など。

リリー・シーン
リリー・シーン アディ

1999年1月31日、イギリス・ロンドン出身。父はマイケル・シーン、母はケイト・ベッキンセール。子役として『アンダーワールド:エボリューション』(06)、『みんな元気』(09)でケイト・ベッキンセールの幼少期を演じ注目を集める。また、『もしも昨日が選べたら』(06)でも母ケイトと共演した。将来を期待される若手女優の一人。

画像
画像
画像
画像
画像
画像

Staff

監督・脚本 トム・ゴーミカン

映画やTVシリーズで活躍する脚本家、監督、プロデューサー。ニューヨークのインディペンデント映画界でキャリアをスタートさせ、自身が書いた脚本が2010年のブラックリスト(製作前の優秀脚本リスト)に選出された『恋人まで1%』(14)で監督デビューを飾る。その後、シットコム「GHOSTED」(17-18)の制作に携わり、脚本と製作を務めた。本作が長編第2作目。

脚本・製作総指揮 ケヴィン・エッテン

トーク番組「レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」(93)の作家としてキャリアをスタート。ゴールデングローブ賞を受賞した「デスパレートな妻たち」(05-07)のほか、「REAPER デビルバスター」(08-09)、「scrubs ~恋のお騒がせ病棟」(09-10)などの脚本家・プロデューサーを務める。